妊娠中に思い描いていた赤ちゃん育児とのギャップ

出産してわかった、お母さんの余裕の無さ!寝る時間すらままならない

妊娠していた時は、出産後の生活を夢見ていたものです。

「子供が生まれたら、あれをこうして、こういうところにいって、それでたまには私も息抜きをしてー」とか、「子供が生まれてもキレイなお母さんでいなきゃね!」なんてことを思っていたものですよ。

しかし、赤ちゃん育児って本当に余裕がないのですよね。

とくにうちの子はまとめて寝ない子でしたから、こっちは寝不足状態なものでした。常に寝不足状態ですよ。だって、眠ったかと思ったらすぐにまた、オギャーッと泣いて起きるのですから。

しかもずーっと抱っこをしていればスヤスヤと眠るという子でしたからね。ベビーベッドに置けば起きてしまうんです。

ですから赤ちゃんをずっと抱っこしているじゃないですか。

そうすると私が眠れないわけです。

「それならば子供が泣いてもベビーベッドに置いておけばいいじゃん」「ミルクもオムツも大丈夫なら、ベビーベッドに置いてもいいじゃん」と思う人もいるでしょう。

実際に、自分の住んでいる地区の保健師さんに、「赤ちゃんが私が抱っこしていないと泣くので寝る時間がない」ということを相談したら、そのように言われましたからね。

けれど、狭いマンションの部屋ですから、赤ちゃんが泣いたら私が安眠できないじゃないですか。

私は赤ちゃんが泣く声だって気になってしまうタイプですから。

というか旦那のように、赤ちゃんが泣いていてもまったく気にせず眠ることなんてできませんよ。

瞬時に飛び起きてしまいますもん。

なので働いている時は良かったのです。

朝寝坊で遅刻なんてしませんから。

しかし赤ちゃん育児では辛かったですね。

少しでも赤ちゃんが泣いたら起きてしまいますから。

かといって、すぐにシャキッと身体が動くわけではなくって、眠い中あやしたりオムツを替えたり授乳するのは辛いんですよ。

けれどうちの赤ちゃんはすぐに起きてしまう子ですから、すぐに泣いてしまう子ですから…と、赤ちゃん育児の時は本当にもう睡眠不足でした。

ですから妊娠中に思い描いていた赤ちゃんとのほんわかした暮らしなんてなかったですね。

私の心の余裕もなくなっていますので、ママだけどファッションにも気を遣っておしゃれで可愛い服を着て赤ちゃん育児ーなんてしていなかったですもん。

常にTシャツジャージですよ。

もっと正確にいえば、夏場は授乳ブラとハーパンのみというファッションでした。

妊娠中に思い描いていた赤ちゃん育児ライフは現実とは大きなギャップがありましたよ。

でも、赤ちゃんは可愛いのですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です