生理痛が酷い人は気を付けて!初めての出産、陣痛へのイメージの罠

私は昔から生理痛が酷く、毎回ではありませんが、授業中に倒れて担架で保健室に運ばれる、ということもしばしばありました。

産婦人科も数件受診しましたが特に病気が見つかることもなく、全ての病院で若い人に多い月経困難症ではないか、と診断されました。

そんな中結婚、妊娠。

生理不順はありませんでしたし、月経困難症で不妊気味になるという話も聞いたことはありませんでしたが、母が「妊娠できてよかった!」と泣きながら喜んでいたのを覚えています。

私以上に妊娠については心配していたようです。

妊婦生活の後半は、お腹の張りが強く切迫早産でトイレと食事以外は立つことも禁止の状態が1ヵ月以上続いたため、とにかく退屈でした。

PCを見るために座ることもできなかったため、毎日横になってスマホで妊娠、幼児教育についての知識を仕入れる日々。

そんな中、出産の痛みはどれくらいなんだろう、どんな痛みなんだろう、産後はどれくらい痛いんだろう、という不安から出産したときの体験談などを読み漁っていると、「陣痛の痛みは生理痛の痛みを酷くしたもの」という記事を発見!

よくわからない痛みが来るという恐怖から、痛いんだろうけど生理痛であれば我慢できるだろう、という安心感に変わったのを覚えています。

切迫早産でおなかが張った時も、確かに生理痛の時と似たような痛みが度々ありました。

その後、どうやら出産時に股が割けてしまう痛みよりも、出産時の生理痛の痛みの方が辛いらしい、というのを複数のブログで見つけ、そうであれば私にも出産は乗り越えられるかもしれない、とにかく、生理痛のような痛みがあれば病院へ行こう、と決意をしました。

そして予定日当日。

朝9時頃、すでにお腹がぎゅっと中から握られているような痛みがありましたが、生理痛の酷い時よりは強い痛みではありません。

10分くらい耐えると痛みが引いたので、もしかして陣痛が来るのが近いのかな?今日予定日だしな、くらいの感覚で寝てしまいました。

実は、これがすでに陣痛の始まりだったんです。

痛みなんか気にせず寝てしまって、起きたのは11時頃。先ほどより明らかに痛みが来る間隔が短くなっており、痛みも強くなっています。

産まれるかも、なんて他人ごとに思いながら病院へ連絡。

現状を伝えると、看護師さんにタクシーを呼んで今すぐ病院へ、動けなかったら救急車を呼んでほしい。

すぐ来れるか?と聞かれてしまいました。

電話口の看護師さんは焦っている様子なのに、私はまだ自分の状況がわからず、夫に電話して迎えに来てもらって、それから向かいますね~と返したのを覚えています。

その後、仕事を抜けてきた夫に病院まで送ってもらい、自分の足で産婦人科へ。

私は本当にケロッとしていましたが、看護師さんに診てもらうとすでに子宮が開いている、破水もさっきしたようだ、もう産まれる!とバタバタ。

結局病院について30分で第一子を出産することになりました。

夫は立ち会うかどうか最後まで悩んでいて、とりあえずコーヒーを飲んで落ち着こうと私を診察室に送り届けた後、コーヒーを飲んで覚悟をしている間に産まれたようです。

夫婦ともに、まさかこんなに早く産まれるなんて、と驚きました。

出産は確かに痛かった。

産まれてくる直前なんかはもう嫌だ!と駄々っ子状態でしたが、苦しかったのはほんの30分程度。

出産はものすごく痛いもの、壮絶なもの、という意識が強すぎたせいで、危うく自宅で産んでしまうところでした。

出産の痛みは人それぞれ。陣痛が起こって診察台に行き、実際に産むぞ、となってからの時間が長ければそれは壮絶な痛みとなるでしょうが、陣痛の始まり方はそこまで酷くない私のような人もいるでしょう。

普段と違う痛みを感じたときは、変に遠慮せずすぐに病院へ行ってくださいね。

大変な思いをして生まれてきた子を大きな心で見守る母になりたい

新婚当初は共働きで、ストレスも多くあったのでなかなか子宝に恵まれませんでした。

結婚三年目でようやく妊娠することができました。

待ちに待った赤ちゃん、妊娠がわかった時は本当に嬉しかったです。

妊娠がわかった翌週からひどいつわりが始まりました。

オレンジジュースを飲んだ直後に戻してしまいました。

それから何も食べられず、水を飲むことさえも辛い日々が続きました。

真夏だったので、トイレにこもることも大変でした。

葉酸サプリだけは取ろうと、飲んだら吐かないように我慢していました。

テレビでグルメや料理番組を見るだけでも吐き気を催し、臭いもダメでひたすら家で横になっていました。

体重も7kgほど減り、点滴を打ちに通院もしました。

妊娠7ヶ月までその状態が続きました。

妊娠は嬉しいはずなのに、なんでこんな辛い日々が続くのかと涙が出る日もあり、お腹の赤ちゃんにゴメンねゴメンねと謝っていました。

7ヶ月が過ぎると、嘘のようにつわりが治まりました。

食べられることがどんなにすばらしいか気づきました。

そこから痩せた分は一気に取り戻してどんどん太ってしまいました。

順調に赤ちゃんも大きくなり、出産することができました。

ホッとしたのも束の間、出産直後に出血多量で意識を失い、私だけ大きな病院へ搬送されてしまいました。

せっかく生まれた我が子と5分も一緒にいることができませんでした。

搬送先で処置をしてもらい意識を取り戻すことがてきましたが、4日ほどそこで入院することになりました。

起き上がることもできず、時間になると搾乳だけして、それを我が子に届けてもらいました。

生まれたばかりでお母さんと離れてしまって申し訳ないのと、ちゃんとお世話をしてもらえているか心配なのとで涙が出て仕方ありませんでした。

入院して3日目、トイレには行けるようになりました。

主人が毎日面会に来てくれていましたが、ある時赤ちゃんのことで話があるとのこと。

先生から、赤ちゃんの心臓から雑音が聞こえていて、詳しく検査をしてみてほしいと。

それを聞いていてもたってもいられなくなり、一日退院を早めてもらい、赤ちゃんいる病院へ転院することになりました。

数日ぶりに会う我が子に早く会いたくて病院に着いたてすぐ部屋に行こうとしましたが、貧血がまだひどく、全く歩けなくなりました。

看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれました。

抱っこできた瞬間、かわいさと安心したのとで涙が溢れてきました。

そこから四日間そこでお世話になり、退院することができました。

退院したその日に赤ちゃんの心臓の検査に行きました。

心室中隔欠損症と診断されました。

1歳までに自然閉鎖しなければ、手術とのことでした。

しばらく様子見で、大丈夫と思いながらも、不安な日々をすごしていましたが、三ヶ月健診で自然閉鎖したと言われました。本当に嬉しかったのを覚えています。

そんな我が子ももう小学生になりました。

何かある度におろおろしてしまい、すぐに心配してしまいますが、ゆったりとした気持ちで、大きな心で見守るお母さんになりたいと思っています。

私と旦那の人生を変えてくれた大切な赤ちゃん

私は現在妊娠してから10ヶ月の妊婦です。

旦那とは結婚して2年目になります。

付き合っていた時から結婚するまでの約3年間私たちは本当に遊んでばかりでまともに貯金もしていないような生活を送っていました。

2人で暮らすには何も問題はなく、楽しくすごしていましたがやはり周りの友達などをみて結婚して出産をしている人をみると子供は欲しいなと常に思っていました。

年齢とこれからのことを話し合って、私たちは自分達を変えていくことを決めました。

浪費癖のある私たちは初めのうちは中々うまくいかず、2人で試行錯誤していました。

そんな時に運良く私たちの元に今お腹の中にいる赤ちゃんが来てくれました。

妊活を始めてから2ヶ月ほどで私たちの元に来てくれて本当に嬉しかったです。

待ち望んでいた私たちは妊娠検査薬をずっと持っていて、いざ検査薬をして陽性反応が出た時に嬉しすぎて2人で泣きました。

その時にこの子を大切にしていこうという気持ちがとても強くなりました。

私は初めての妊娠だったので、初期の頃は流産しないか不安で仕方なかったです。

幸いなことに職場の方々もとても優しくしてくれて身体をとても気づかってくれました。

お腹の子も元気に成長してくれて、安定期に入り今度は性別が気になって仕方なかったです。

どちらでも嬉しい気持ちがありますが、知りたくてそわそわしていました。

7ヶ月の検診の時に旦那が気になりすぎて先生に性別を聞いた時、女の子と教えてくれて旦那はきっとベタ惚れしちゃうねと話していました。

まだ、お腹の中にいるのでもしかしたら男の子が出てくるのではないかとヒヤヒヤしてますが、どっちが出てきても私たちの宝物なので大切に育てようと思います。

この子がお腹に来てくれてから、浪費癖のひどい私たちは本当に変わりました。

貯金なんてあるようでなかった私たちはこの8ヶ月ほどで胸を張って貯金!といえる金額まで貯めることが出来ています。

これは本当に2人で驚きました。

よく、妊娠中はママとパパになる為の準備期間といいますが私たちはまさにその通りでこの子に人生を見直されました。

本当に感謝しています。

現在10ヶ月を迎えてまもなくお腹の子に会える時がやってきます。

今はお腹の中で動いているのが目に見えるくらい大きくなったお腹を旦那と毎日わくわくしながら見ています。

お腹が動いているのを見るととても驚いている旦那をみて、幸せに思えます。

まだ、ママとパパとして未熟な私たちですが2人でこの子を守って行こうと思っています。

インドでの不妊治療を通して考える高齢出産のメリットとデメリット

去年、インドで結婚46年目にしてやっと妊娠と出産をした72歳の女性の事が話題になりました。

インドでは、子供が居ない家庭に対しての社会的な偏見が有り、夫婦2人だけで家庭を築いて行く事自体が、日本を含めた先進国と比べて見ても、とても難しいそうです。

父親になった夫の年齢は79歳なので、一般的な家庭で言えば、孫か若しくは、曾孫になります。

此の夫婦は、養子の息子を育て上げたのですが、大人になってからはアメリカに行ってしまい、残された夫婦は結婚当初からの長年の夢であった「自分達の子供を持つ事」に挑戦するのです。

体外受精で2年間の間、色々な困難に遭いながらも遂に、自分達の遺伝子を引き継いだ子供を妻が妊娠する事に成功しました。

私は、此の二ュース記事を読んで「もし、養子の息子さんが遠いアメリカに行かずに、自分を実の子供として育ててくれた両親の居るインドか、その近くの国に行ったとしたら、元々子供が好きだった夫婦は体外受精を考えなかったかも知れない。」と思ったのです。

結婚当初から子供が欲しくて、不妊治療をしたかったけれどその資金も無かった若い当時は、子供を養子としてでも家庭に迎えたかったのだと推測出来ます。

高齢になって、十分な資金も出来てから自分達の子供を持つ事は、色んな面でリスクが伴います。

先ず、女性側が出産後に体調不良になるケースが実際に起こっています。

2008年に、同じインドで70歳の女性が妊娠、出産した後に潰瘍、癌、子宮破裂等の健康問題に悩まされています。

化学療法や、3回に亘る手術に耐えて来た彼女は、未だに体調が優れない日々が続いているらしく、高齢になってからの不妊治療は問題点が多く有ると言わざるを得ません。

子供の事を考えたら、成人する迄の20年間は親に責任が有ると周囲も言うでしょう。

72歳で産まれた子供は、成人した時に、父親は99歳で母親は92歳となるのです。

其れ迄、子供さんの為にも親が長生きして欲しいと個人的に思います。

20年間は、一般的な家庭の余所の子供達よりも、様々な面で苦労すると思います。

思春期になれば、尚更苦悩するのではないでしょうか。

自分達の子供を持ちたい気持ちは分かりますが、子供の気持ちも十分考えてから妊娠、出産に挑戦される方が良いと思います。

子供は一人っ子になる可能性が高いでしょう。

もし、いざという時に、頼れる親戚が居るのか、子供を育ててくれる大人が周囲に居れば良いですが、居なければ、不妊治療も考え直した方が良いかも知れません。

つわりがなければもう1人ぐらい産んでも良かったかな

私は2人産みました。

1人目の時は最近なんかムカムカするなぁと思ってたら数日後には吐き気の嵐でこれが悪阻?と思い産婦人科に行きました。

初めての産婦人科!女医がいる病院に行きました。

でもその日は併設の小児科の担当だったらしく男の先生でした。

とてもショックだった記憶があります。

その時は口の中に入れたらすぐ吐いてばかりいたので先生から脱水症おこしてると言われ点滴されました。

おしっこも自分で出す事も出来なくて管を入れられました。

本当恥ずかしいやら気持ち悪いやらで大変でした。

その後も吐き気はずーっとあり10ヶ月間ムカムカでした。

2人目の時も悪阻は酷く、脱水症、吐きすぎて栄養不足となり入院するか誰か面倒見てくれる人を付けろと言われました。

なので母に来てもらい食事の用意などを手伝ってもらいました。

妊娠後期には胃の圧迫からかまたまた吐き気の嵐がやってきました。

吐きすぎて食道がやられてしまったり、嘔吐物に血が混ざってしまい入院することになりました。

年末だったので1人で年末年始を病室で過ごすことになり寂しかったです。

悪阻は他の人からは全くと言ってもいいくらいわかりにくいです。

本当に人それぞれです。

重い悪阻の人もいることをもっと良く知ってもらいたいです。

病院に香水つけている人や食べ物の匂いがキツイ人。

その匂いで気分が悪くなる人もいるという事を分かってもらいたいです。

ちょっとの気遣いで助から人もいます。

私は妊娠中は吐き気の連続だったから楽しい記憶がないです。

悪阻がなかったらもう一人くらい産みたかったかなぁとも思います。

出産は痛くて辛かったけれど、悪阻よりはマシでした。

2人ともだったのですが、出産してお腹から出たら何故か胸のムカムカがスーッと取れるのがわかったんです。

それがとても不思議で私の周りの人たちにも聞いて見たけれど、誰もわかってくれる人がいませんでした。

本当にスーッととれたんです!

出産後の食事や飲み物がとてもとても美味しくて感動してました。

喉に魚の骨が刺さってたのが取れた感じというか、二日酔いが治ったというか本当にスッキリしました。

誰かこの気持ちがわかる人いないのかなぁと思います。

今子供たちは高校生になり、そのうち結婚、妊娠となった時は助けれればと思います。

私は辛かったしちっとも楽しい妊娠生活ができたなったのでいろいろと手伝いが出来ればいいかなと思います。

楽しい妊娠生活が送れるようなお手伝いをしていきたいです。